オール電化

オール電化とは

 「オール電化」とは、ガスコンロをIHクッキングヒーターに替えたり、ガス給湯機をエコキュートや電気温水器に替えるなど、家の中で使用するエネルギーを「電気」でまかなうことです。

エコキュート


エコキュートとは、ヒートポンプで空気の熱を集めてお湯を沸かし、
できたお湯をタンクに貯めて使う給湯器です。


そのため、従来の燃焼式給湯機と比べて約30%の省エネルギー効果 があり、さらに地球温暖化で問題になるCO2の排出量を約50%削減することができるのです。


お湯を沸かすのは基本的に深夜なので中部電力のオール電化契約(Eライフプラン)にすれば、夜間の電気料金は昼間の約1/3になり月々の光熱費削減にかなり貢献しお得です。


IHクッキングヒーター


   
IHクッキングヒーターは、火を使用しない調理器です。


ガスに比べて、火力が弱いのでは?など、不安に思われる方もいらっしゃると思いますが、熱の伝わりも早く無駄がないため高火力なのです。


火を使わないという安心、安全、お子様でもお年寄りでも安心してお使いできます。


また、ガスコンロでは消えそうなとろ火での調理も可能です



オール電化を導入した 95%の方が満足 していますし、人にも薦めています。

メリットとデメリット

メリット

全てを電気に替えることに抵抗があるかもしれません。でも、オール電化にすることで、メリットも多いのです。

1.経済的・・・

 中部電力のオール電化契約(Eライフプラン)では、深夜の電気料金が昼間の約1/3になりますのでエコキュートでお湯を沸かしたり、洗濯機や食器洗い乾燥器などをタイマーで深夜に使えばすごく経済的になります。

また、ガスの基本料金や使用料金がまるまる無くなり火災保険も優遇されます。



2.快適・・・



 IHクッキングヒーターは、汚れにくく、フラットでお掃除がかんたん



 また、燃焼が無いので空気が汚れにくく、夏でも暑くなりにくいし結露も少ないです。





3.安心・・・



 キッチンや給湯、冷暖房に火を使わないので火災保険も安くなるなど、お子さんといっしょに調理したりも安心です。



4.災害時も安心・・・

 阪神大震災のライフライン(電気、水道、ガス)の復旧が一番早かったのは電気です。

(水道・・・90日 都市ガス・・・83日 電気7日

またエコキュートにたまっている水は万が一のときに生活水に使うことが出来ます。





5.環境にやさしい・・・

 空気の熱でお湯を沸かしますエコキュートは、Co2排出量が従来の燃焼型給湯器に比べて

約50%削減できます。

オール電化にもデメリットもあります。

デメリット

1.オール電化にする際の機器代など設備費用が高くなってしまいます。

2.電気の使い方によっては従来より電気代が高くなる場合もあります。

(昼間にたくさんの電気を使う、エコキュートの設定がうまくいかず深夜以外でも沸きましを多くしてしまう)

3.IHクッキングヒーターでは使用できない鍋があるなど、デメリットもあります。

4.非常時(震災など)に停電してもエコキュートはお湯が普通に蛇口から出ますがタンクが地震などで倒れてしまっては

使えなくなってしまいます。(やはりきちんとした施工が大切になってくると思います)



しかし、ランニングコストの安さを考えれば、ほとんどの場合は、結果的には「お得」になります。





無理なくじょうずに電気を使うアドバイスもしています。





詳しくはお気軽にお問い合わせください、



ご希望があればお伺いしてお家を調査させていただき、細かくご提案,アドバイスさせていただきます。

(また、ご希望が無ければ無理な訪問営業はいたしませんのでメールやお電話だけの問い合わせでも結構です。)

省エネについて

地球環境問題への対応から、省エネルギーへの関心が高くなってきています。
企業単位だけではなく、オール電化住宅の普及に伴い、各家庭・個人単位での省エネがクローズアップされています。エコキュートに替えることもひとつの省エネ対策です。



節電・節水など、地球環境のためにも、各家庭での省エネ対策に取り組んで行きましょう。

IHクッキングヒーター豆知識



0565-33-0338

(平日/8:30〜20:00 土日・祝日/定休日)