HEMS(ヘムス)

Home Energy Management System
ホーム・エネルギー・マネジメント・シスム
日本語で言うと、「家庭用エネルギー管理システム」です


単に電気の使用量を減らすムリな節電は、不便でかつ健康を損なう危険もあります。そこで私たちが行う節電は ”電気の使い方を工夫する” ことが大切です。そのためにはどのように電気を使っているのかを知る必要があります。それを「見える」ようにするのがHEMSです。

HEMSの役割は大きく分けて2つ


スマートメーターとHEMSが連系することで自動的に電気の使用量を調整したり、各機器をコントロールできるようになります。

例 : 夏場の午後3時に消費電力が極端に多くなっていた場合


HEMSを入れると節電になるの?

国が行ったこんな例があります(参照:「けいはんな学研都市デマンドレスポンス実証実験」より)。1時間当たり25円で買っている電気が80円になった場合、どのくらいの人が省エネに取り組むか、という実証実験を行いました。

約700軒を対象に検証したところ、約3%の家庭しが省エネに取り組みませんでした。

ところが同様の実験で、HEMSモニターで高い電気代を知らせた場合、なんと56%が積極的に省エネをするための行動をしたという結果が出ました。

つまりモニターを見て、「この時間帯は電気代が高いから控えよう」と行動したわけです。

人間の心理として、「見える」と気にしますよね。

なかなか生活習慣を変えるのは大変ですが、使っている電気が「見える」ことによって節電の意識が高まります。

HEMSとスマートメーター

HEMSは家庭内だけでなく、地域の電力需要の調整に対しても活躍されます。スマートメーターを通して、地域の電力需要量を把握し、調整することで、電力のピークを抑えられるので、計画停電を避け、発電コストも抑えることができます。

2030年までにはHEMSとスマートメーターは全ての住まいに標準装備となります。


HEMSに関する、ご相談やお問い合わせは、お気軽にご連絡ください。


0565-33-0338

(平日/8:30〜20:00 土日・祝日/定休日)